聴くと切なくなる曲に想いを

大塚愛の「プラネタリウム」という曲を知っていますか?確か5、6年前の曲で、当時はヒット曲としてテレビやお店でよく耳にしました。

歌詞を読むと「どんなに想ったってキミはもういない。」というところから当時は失恋した曲だと思っていました。

しかしインターネットで検索してみると、どうやらこの曲は大塚愛の、亡くなった元カレを想って書いた歌詞みたいです。

 

 

 

まぁとにかく、当時は失恋した曲だと想っていて、私もその頃ちょうど失恋したばかりだったので、歌を聴きながら切なくなっていました。

私は当時、彼氏と付き合っていましたが、留学するために泣く泣く分かれました。なぜなら、一年間も留学すれば彼氏も新しい人を見つけるだろうし、私も環境が変わって新しい人を見つけるだろうと思ったからです。留学から帰ってきて、まだお互いが好きだったらまた付き合おうと決めました。

彼氏が嫌いで別れたワケではないので、私は留学中、この曲を聴きながら泣いていました。「行きたいよ。キミのそばに」というところが私の気持ちと一緒だったので、そのフレーズに慰めてもらいました。

帰国した後、彼氏とは付き合っていません。気持ちが冷めたからです。それでもプラネタリウムの曲が流れると、あの頃の切ない気持ちをふつふつと思い出します。

京都 デリヘル